スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flashを攻めに使おう

 Flashは、攻めに使うと非常に価値のあるスペルです。

 一人の攻めのFlashが、ゲームの勝敗を決定付けることも珍しくありません。

 例えば
 RivenのFlashからのオールイン。
 AnnieのFlash Ultでのスタン。
 AlistarのFlash Qで打ち上げ。
 SonaのFlash Ultでスタン。
 CassiopeiaのRからFlashでスタン。
 これらが決まり、相手チームが壊滅する。

 このようなシーンは動画や大会などで見たことがあるでしょう。たった一人の行動がゲームを変え、とても格好よく映ることと思います。

 これらに共通することは

 攻めるためにFlashを使っているということです。


 低いレートでは、死ぬことを極端に恐れるあまり、逃げにFlashを使う傾向があります。
死んでしまう間合いには、平気で近づいてしまうのに、です。

 逃げが戦局を左右することは、まずありません。
逃げにFlashを使うぐらいなら、Flashを使わず、逃げずに攻撃して死んだほうが良いです。

生きること以上に、火力を出すことが、このゲームでは重要度が高いからです。


 攻撃のみにFlashを使うこと。

 逃げにFlashを使わないよう、普段から攻めを意識してプレイしてみて下さい。
スポンサーサイト

基礎:1つのChampionを極めよう

 できるだけ早く上手くなりたい方にオススメの練習方法です。特に、以下の方には効果的です。
・複数のChampionを使えるようになりたい
・より深い戦術を覚えたい
・できるだけ早くレートを上げたい
・成長を実感したい

 タイトル通り、1つのChampionをずっと使い続ける、これだけです。どのゲームモードでも構いませんし、自分が使うのではなく、PRO等の上手い人を観察することでもOKです。

 1つのChampionを使い続けることによって、そのChampionに対しての理解が深まります。さらに、火力計算・操作技術が洗練されてきて、KDAが見るからに変わってきます。結果がでることによって、モチベーションや向上心が高まってきます。
さらに使い続けると、MAPコントロール、GankやRoam成功率の向上、Champion独自の特殊な戦術・それを応用した自分独自のビルドや運用が可能になってきます。

 極めれば極めるほど、土台が固まっていき、別のChampionを使った時の操作技術や戦術が、複数のChampionを並行して練習した人に比べて、明らかに上手くなります。

 当然、レートとしても現れますし、自分が使っていても成長を実感できることでしょう。自分に実力をつけたいなら、1つのChampionを使い続けると良いです。上限はありません。飽きるまで使うのが良いでしょう。

基礎:スキル間の無駄な空白時間を無くす

 低レートでは、コンボ等でのスキル使用と使用の間の空白時間が長いことが多いです。どのChampを使っていても、この空白時間を意識することによって、1秒間に与えられるダメージが、意識していない人に比べてかなり上昇します。

悪い例


良い例


 良い例のように、無駄な空白時間を極力無くすことができれば、倒しきれる範囲が拡大します。更に、通常攻撃をできるだけ入れるようにすることによって、出せる火力も大幅に増加します。

 どのChampでも良いですので、自分が操作しているスキルの使い方に無駄がないか、また、通常攻撃が入れることができるタイミングがあるのではないか、練習してみて下さい。
プロフィール

Aburis

Author:Aburis
ゲームや人生の攻略、効率、成長方法を求めて日々生きています。最近はRankを休止して、LoLの教育に力を入れています。
NA:Plat5(normalで知り合いとプレイ)
TW:D4(normalでChallenger達とプレイ)
KR:LV30(normalでChallenger達とプレイ)
Twitter:@Aburis_SAW
SkypeID:aburisu 和歌山
教えてほしいという方は、個別で教えます。TwitterにDMまたはSkypeに申請下さい。Skypeを使って(テキストのみの場合あり)教えます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Top (0)
Mid (0)
ADC (0)
リンク
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。