スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵の位置が見えたら、反対側に寄ろう(Jungle)

Jungleがbotに動いたのが見えました。
すると、味方Jungleもbotに寄って行きます。
日本鯖でよく見る光景ですが、一見正解のように見えます。
「敵が寄ったのだから、私も寄らなきゃ」
と、考えている人が多いことでしょう。でも、これはあまりよろしくない戦法です。
人数差が、変わらないからです。

例えば、LVが大体4ぐらいの状況で、味方が序盤強いリーシンを使っていて、相手が序盤弱いアムムのようなキャラであるなら、単純な強さとして勝てているので、有効な戦術ではあります。Counter Gank、という物になります。
でも、これが反対の立場であるなら、強さとして負けているので、PSやヘルスの差でしか有利をつけることができなくなります。一種の博打ですね。
もちろん、相手にトリプルキルでもされようものなら、その瞬間ゲームの負けは決まったものになってしまうでしょう。

しかし、もっと簡単に勝てる方法があります。それは
相手が寄ったレーンと、反対方向に寄ることです。
そうすれば、Topは2v1、botは2v3という状況になり、お互いが交換する形になります。
このほうが、より確実にオブジェクトが取れて、自分もキル、アシストが取りやすく、タワーへのダメージも得られることになります。

Jungleをプレイするときは、相手のJungleの立ち位置がMAPに移ったのかよく見て、反対側に寄ることを心がけると良いでしょう。
スポンサーサイト

Wardについて

 Wardについて、いろいろな考え方があります。
低レート帯ではWardを置いたところで味方が活かせないから、そのお金で装備を買った方がいい。
置いたほうがGankを防げて良い。
このゲームは視界が全てだから、置いたほうが相手の情報を知れて良い。

 どれもある視点では間違っていません。ただ、これらは全体的に良いというだけであって、その1つの試合においては正しくない可能性が非常に高いです。
 例えば、Evelynnがいる試合では、通常のWardの置き方では一切見えなくなります。Jungle内のCreap付近にWardを置くか、pink wardを置く対処が必要になります。
 また、Campをよくする相手に対しては、特定のレーンとJungle内のWard以外は一切の効果が無くなります。

 つまり、今現在の試合に対して有効なWardを置く箇所はどこなのか、常に考える必要があります。1人あたりの置ける個数制限は通常Ward3 PinkWard1の4つまでなので、しっかりと置く位置を吟味することが大切です。
 それには、相手の心理や傾向を読むこと、また、それを読んだ上で、効果的に情報を知れるWardの置く位置も知識として頭に入れておく必要があります。

 Wardはチームからの責任の追求を回避する免罪符ではありません。相手を陥れるトラップです。いかに相手を罠に嵌めるかを考えて使うと楽しくなるでしょう。

 Wardの基礎知識が身につけば、攻めるWard(aggressive ward)を置くことができ、相手に対して有利な位置取りや集団戦のInitiateができるようになります。常にその試合に対して効果的なWardの位置はどこなのか、しっかりと考え、試行錯誤してみてください。

敗者の戦い方

レーンをプレイしていると、どうしてもプレイスタイルやマッチアップの相性が最悪だったりで、勝てない場合があります。今回はそれを乗り切る方法を紹介します。



・土下座する(Tower hug)
言わずと知れた、負けない戦い方です。ミニオンはタワー下でのみCSを取り、タワー下以外は経験値取得範囲ギリギリに陣取り、ひたすら味方の支援を待つか、TPを使って逆に支援するか、TPを活用して常にレーンに居座るスタイルです。

メリット:相手がハラスしにくくなるため、レーン勝負で死ぬことは滅多になくなる。
JungleがGankを決めやすくなる。

デメリット:ハイレートやアグレッシブな相手ではDiveされてしまうため、Diveで負けると悲惨な量の経験値とGoldの喪失になり、勝ちが絶望的になる。
CS取得量低下。
タワーが常にダメージをもらうため、タワーが割られやすくなる。
味方JungleがGank後にPushしてくれなければ、直後にタワーを折られてしまう。

土下座のプレイスタイルでは、Wardがなければ常にDiveの危険がつきまといます。長時間土下座するつもりなら、例え低レートでも、相手JungleがGankに通る道が見えるように、絶対にWardをおくようにしましょう。


・他レーン加勢(Roam,Gank)
自レーンを諦め、味方と共に協力し、全体を有利に進めるスタイルです。

メリット:成功すればオブジェクトやキルがとれ、確実に味方全体が育つ。
単純に人数で有利がとれる。

デメリット:迅速に行動しても、自レーンのTowerがとられ、対面が確実にFreeなFarmを得てしまう。
オブジェクトがとれなければ、不利が広がる一方になる。

レーンを離れる場合、迷う時間はありません。1秒経つごとに対面が育つので、できるだけ早いGankをしましょう。FlashをGankの初動に使う覚悟でレーンを離れましょう。




私の場合、勝てないChampや、序盤に自分が不利なら、一時的に土下座スタイルをとり、Gankなどでキルが取れればPushして、一度リコールした後、対面に勝てそうならレーン継続、無理ならBotに加勢して即座にDragonかBotやMidのタワーをとり、そのままGroupします。
対面に勝てそうなら、Pushを繰り返すか、キルをとった後にTopのタワーを素早く取り、その後Groupするようにしています。

試合を動かす方法

レーンで育ったのに集団戦勝てなかった!
序盤ボロボロだったのに、集団戦から巻き返して勝てた!

こんな経験、ありませんか?これらが起こりうるのは、チームが適切な行動を取れていないことが原因です。

レーンでは育っても、タワーを取りそこねていたり、他レーンの加勢をしなかったため、自分のレーン以外のタワーをとっていなかったり、集団戦で火力を出していないのが原因です。

いくら育とうとも、タワーに対して影響を与えていないと、どうしても試合が長引きます。試合が長引くと、相手が育つ猶予ができ、自分は死んだ時のリスポーンタイムが長くなっていきます。リスポーンタイムが長くなると、死んだ時に、一気にタワー差をつけられてしまいます。つまり、自分が気づかないまま、自分を不利に追い込むことになります。最悪逆転を許すことになり、負けます。

なので、自分が育ったら、どこのレーンでもいいので、できるだけタワーを取るように動きましょう。

集団戦で火力が出せていないのは大まかに二通りあります。
・自分が適切な位置にポジションをとらず、火力を出せないまま、集団戦で死ぬ、もしくは味方が死ぬのを見ているだけになる。
・FarmやSplit pushばかりして、集団戦に参加しない。

Naサーバーでは、前者はレーンで育ち、調子に乗っている者、後者はNasusなどの後半型Champion使用者によく見かけます。
前者は、ADCで一番前に立ち、Focusを受けて死ぬという事例が一番多いです。
プロやハイレートでも、ADCがpoke目的で前に(誘い込まれて)出てしまい、そのまま殺されて集団戦負けるというのが日常茶飯事です。
このようなことにならないため、育った時は、普段より自分の立ち位置を念入りに確認するようにしましょう。

後者に関しては、過剰に育とうとせず、自分が相対的に相手より強いなら、積極的に味方に協力するようにしましょう。 自分一人が育つより、味方全体が育つほうが、リスク分散もでき、楽に勝てます。

これらを実際に行動できれば、序盤に負けても、中盤以降の戦いで逆転することも可能になるでしょう。LoLはチーム戦です。これを忘れないようにしてください。

流行りに合わせた自己のプレイスタイルの確立

お久しぶりです。ちょうど一か月くらいたってしまいました。申し訳ありません。
以前ほど更新できませんが、ちょくちょく投稿していきたいと思います。

プロや友達、誰でもいいので、LoLの大まかな全体の試合の流れを観察してみてください。
LoLというゲームは常に動いています。いま現在強いPickが、次のPatchも強いとは限りません。

現在に例えるなら、序盤に強いChampをpickし、Junglerが早期に多くのGankを決め、Towerを壊せば、大抵の試合はそのまま逆転されず、流れのまま勝ってしまいます。なので、後半型のChampはあまりPickされない傾向にあります。
さらに、Baron buffの持続時間中は、ミニオンと共に戦えば、相手は集団戦に勝てず、タワーもとてつもない速度で割られてしまうので、序盤~20分までの試合が、Season変更前より遥かに重要になっています。

以上のことを理解してPickするのと、しないのとでは、試合運びに大きな差があります。

まずは、試合がどのように動けば楽に流れを掴めるのか、貪欲に、思考しながら観察し、答えを出してみてください。そうすることで、実戦の流れも掴めるようになり、誰をFocusすべきか、どのレーンに加勢に行くべきかなどが、いち早く理解し、行動に移せるようになります。

流行りに乗れ、とは言いません。流行りを知ることで、自分の立つべき位置や、動くべきタイミングがより洗練されてくることと思います。

無意識化する

 CS精度が良くなってきた、使うChampのコンボ精度が良くなってきた!
順当に成長を実感してきましたか?今度はそれを、無意識でできるように繰り返し練習してみましょう。
無意識化するメリットは、思考や視線を単純化できることです。人は、一つの思考に特化すると、とてつもなく冷静になり、判断力も、複雑に考えている人のそれとは次元が違うほど早くなります。

 KRのPRO達が、一般の人々にとって化け物のような動作をしているのは、彼らが数万回に及ぶほどの練習をしてきたからです。彼らはほぼ全ての動作を無意識で行っています。考えているのは、敵もしくは味方Championの動きのみ。彼らが出してくるであろうスキルやコンボもかなりの精度で予測を行っています。

 今この記事を見ているあなたも、自分に自信がついてきたら、できるだけ色んな動作を、無意識でできるようにしてみて下さい。繰り返し別の記事で言っているように、相手や味方への思考や目線をできるだけ単純化させること。それがLoL、ひいては全ての対人ゲームにおいて最も大切な事です。

また、初心者向けChampionで紹介したChampionは、自分が複雑な操作をしなくて良いので、それだけである程度無意識な動作を得ています。まずはこれらのChampionを完璧に使いこなしてみるのも良いでしょう。

マウス操作

 例えばVayneで、Wが2スタックたまっている相手がいるのに、違う敵をクリックしたり、Eをミニオンにうってしまったりしていませんか?自分の思うイメージ通りにマウスが操作できていないと、よく上記のようなことが発生します。

マウスをしっかりと操作できるようにするには、Vayneをプレイすることをオススメしています。ミスが非常にわかりやすく出てくるからです。練習方法は、以前の記事の

LoLの基礎が全て身につく練習方法

をプレイし、そこでひたすらVayneをプレイすることです。記事中に書いたこと以外で、Vayneでのプレイ中の意識することとして

一度AAをした相手には、死ぬ以外では確実にWのスタックを必ず回収すること。
Champには確実に壁ドンを入れること。

を今回のカスタムでは意識してプレイしてみて下さい。それと特に重要なのは、カスタムは数をこなすことが最重要です。もしあなたがレートを上げれないと悩んでいるのなら、まずカスタムの練習量を、ノーマルをプレイする倍以上はこなして下さい。確実に上手くなります。

目線

試合中のあなたの目線はどこになってるでしょうか?
たいていはminionの人が多いと思います。ですが、これはかなり危険です。
相手しているのは対人なので、ハラス等を避けることができなくなってしまいます。ではどこに目線をもってくるべきか?
Championただ一択です。botのlaningや集団戦なら味方も含まれます。

Champに目線をもってくるだけで、被ハラス、危険な行動、味方との連携ができない等といったことが少なくなりますし、逆にこちらから積極的なハラス、スキをついたinitiateやkill取得などができるようになります。

集団戦の立ち位置

ここに書くのは一般的なEU Styleの立ち位置で、特殊な構成は視野に入っていません。

Top

前にでてInitiateの機会を探る、無闇にHarassやPokeを受けてはならないが、他の味方に当たるであろう攻撃の盾になる。

Mid

敵の視野に入りにくいところに隠れ、poke、harass、もしくはCCによるinitiateを行う。基本的にはtopの後ろに立つ。

Jungle

ADCのPeelか、midのpeelもしくはhelpをする。キャラによってはInitiateしたり、Topに合わせたりもするが、大抵はADCとMidの間に立つ。

Support

ADCのPeelを行う。余裕があれば相手へのharass、cc等をする。ADCの側にいるのが基本。

ADC

最後尾から自分を狙う一番手前の敵を順番に殴っていく。Pokeキャラは一時的に前に立つこともあるが、やりすぎると捕まって死ぬので、回避手段が無ければ最後尾に立つ。

ビルドの組み方

例えば、相手がADのみのチームだったとしたら、Armorを積みますよね?ビルドに関しては、臨機応変さが求められます。
LBがいたらbanshee、ZedやMalzがいたらsush、自分がADCで相手がThonmailを積んでいたら、LSを多く積むといったふうに、相手Champをみて変えたり
低レート帯だとカウンターや攻撃回数が少ないので火力のみ積んだり、ハイレートで自分をFocusしてくるようになったら防具を積むといった知識が必要になります。

慣れないうちは、上手い人のビルドの真似や、火力積みでokですが、慣れてきたらTabを押して、相手の構成を見て変えてみるようにしましょう。
プロフィール

Aburis

Author:Aburis
ゲームや人生の攻略、効率、成長方法を求めて日々生きています。最近はRankを休止して、LoLの教育に力を入れています。
NA:Plat5(normalで知り合いとプレイ)
TW:D4(normalでChallenger達とプレイ)
KR:LV30(normalでChallenger達とプレイ)
Twitter:@Aburis_SAW
SkypeID:aburisu 和歌山
教えてほしいという方は、個別で教えます。TwitterにDMまたはSkypeに申請下さい。Skypeを使って(テキストのみの場合あり)教えます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Top (0)
Mid (0)
ADC (0)
リンク
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。