スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reksai Replay

 要望があったので、上げることにしました。ReksaiのReplayです。友達3人と一緒にプレイしているので、お遊びなところもあります。
全火力のビルド(最後に防具1つ積んでますが)なので、練習方法の参考にしてみて下さい。

Match History
http://matchhistory.na.leagueoflegends.com/en/#match-details/NA1/1777997373/43050866?tab=overview



スポンサーサイト

基礎:Assassinで学ぼう

 初心者・魔境脱出のために、しっかりと火力が出せるようになりましょう。そのためには、Assassinで練習するのが一番効率が良いです。 
killが取れない、CSが取れない、育つのが遅い、死にすぎる、タワーが取れないetc...
これらを改善するには、まず自分の使用Championの性能や火力計算が完璧にできるようになる必要があります。

Championオススメは
Fiora Fizz(流行のADではなく、全AP) LeBlanc kha'zix Lee Sin Master Yi Pantheon Riven Talon Xin Zhao Kassadin Annie Brand Vel'koz Lissandra Morgana Lux Anivia Cho'Gath Wukong
これらのうち、1つ選んで使い続けて下さい。

 Buildは、できるだけ火力が高くなるような武器から先に積みます。

 APならRabadon's Deathcap(帽子)など、単純なAPの数字が高いものを2つ先に積み、そこからVoid Staffのような、Magic Penetrationが付いた武器を積んでから、最後にCDやmanaといったものがあがるAthene's Unholy Grail(赤聖杯)のようなものを積みます。

 ADはThe Brutalizer→Last Whisperを固定にして、Ravenous Hydra、The Bloodthirsterという風に、Armor Penetrationを先に積み、そこからLife Stealが上がりつつ、ADが高いような武器を積んでいきます。
 また、靴は最低でも武器を2つ積んでから積むようにしてください。理由は次回記事で書きます。

 ルーンとマスタリーは、APなら
ルーン、マスタリー(AP)
の記事を、ADなら
ルーン、マスタリー(AD Assassin)
の、一番下のTANKマスタリー以外でプレイして下さい。

 なぜ防具なしで、火力特化にするのかは、大雑把に
集団戦の立ち回りを学べる方法&赤側苦手を払拭する方法
の記事で書いています。具体的な理由は次回以降の記事で書きます。

 このビルド構成で、まずは火力をしっかりと出せるよう、過去記事を参考にして、Customで練習してみて下さい。
参考記事
発展:キルの取り方
CS精度向上
基礎:1つのChampionを極めよう
基礎:スキル間の無駄な空白時間を無くす
基礎:minionから受けるダメージを減らす
基礎:準備運動とmeleeの通常攻撃の使い方

 倒すことが安定してできるようになれば、楽しくなってきます。しっかり楽しんでプレイできるようになりましょう。

 続きは次回記事で。

追記:Championを追加しました。

観察をしよう

 ハイレートでは、方向指定は避けられてしまうため、今までの感覚でスキルを撃っていると避けられやすくなります。
特に、ハイレートに来たばかりの人が、急に勝てなくなるのは、これが大きな要因を占めているでしょう。(他には序盤で試合が壊されるようになったり、カウンタージャングルが積極的にされたり、独自スタイルでプレイされるため、所謂分からん殺しをされて負ける等)

 ハイレートで勝つために、他の人の試合を観察しましょう。相手のマウスクリックのクセ、MAP移動の傾向、避け方の方向、試合の運び方等、1試合だけ見ても、他人の心理・傾向が分かる行動があると思います。

 観察力が身につけば、1試合中に数回スキルを撃ったりして様子見し、心理が読めたら、方向指定スキルがとても当たりやすくなります。また、試合の運び方もそれとなく理解し、それを防ぐためのward、逆に攻めるためのward、もしくはそれに対応したRoam、Gank等のMAPコントロールがしやすくなります。

 ハイレートで壁にぶつかったとおもったら、観察をしてみてください。

応用:Championを見続ける

 いくつかの記事で、Championを見続けることの重要性は説いてきました。しかし、意識して見るようにしても、目が逸れる瞬間があります。
・CSを取得しようとminionを殴る時
・スキル使用中
 minionを殴る時、ほとんどの人は動作が一瞬止まります。Championに通常攻撃を入れた後、minionに攻撃を受け続けているのに、動作を止めてしまって、必要以上にminionからダメージをもらっている人もいます。
 スキル使用中に関しては、目線を逸らすというより、自分の操作の事ばかり考えてしまって、相手に対して見ているというより、「こう動くだろうな」と、想像の相手にスキルを撃ってしまっている人もいます。

 これらを解決するには、普段からキルを取る練習で、スキル間の無駄な空白時間を無くす練習をしながら、Championには目を逸らさず、CSを無意識・無思考で取れるようになる必要があります。

 Championを集中して見られるようになれば、例えばMalphiteのultを避けられるようになったり、方向指定スキルを当てやすくなったり、無意味に死ぬ立ち位置に行かなくなったりします。

 CSの精度も重要ですが、何より無意識・無思考で取れるようになる必要があります。Championを見続けれていないと思う人は、一度CSの精度を捨て、Championを常に集中して見ていられるよう、無意識・無思考で取れるまで練習して見てください。

基礎:1つのChampionを極めよう

 できるだけ早く上手くなりたい方にオススメの練習方法です。特に、以下の方には効果的です。
・複数のChampionを使えるようになりたい
・より深い戦術を覚えたい
・できるだけ早くレートを上げたい
・成長を実感したい

 タイトル通り、1つのChampionをずっと使い続ける、これだけです。どのゲームモードでも構いませんし、自分が使うのではなく、PRO等の上手い人を観察することでもOKです。

 1つのChampionを使い続けることによって、そのChampionに対しての理解が深まります。さらに、火力計算・操作技術が洗練されてきて、KDAが見るからに変わってきます。結果がでることによって、モチベーションや向上心が高まってきます。
さらに使い続けると、MAPコントロール、GankやRoam成功率の向上、Champion独自の特殊な戦術・それを応用した自分独自のビルドや運用が可能になってきます。

 極めれば極めるほど、土台が固まっていき、別のChampionを使った時の操作技術や戦術が、複数のChampionを並行して練習した人に比べて、明らかに上手くなります。

 当然、レートとしても現れますし、自分が使っていても成長を実感できることでしょう。自分に実力をつけたいなら、1つのChampionを使い続けると良いです。上限はありません。飽きるまで使うのが良いでしょう。

発展:タワー・レーン管理の練習

 タワーをなかなか割れず、試合が長引いてしまい、逆転されることが多い人のための練習です。

 Customでbotを相手に5体追加し、1v5の状況を作ります。それから、1度レーンに移動したら、タワーを割るまではリコールしないようにし、タワーをできるだけ早く割るようにします。
 さらに、全タワーとinhibterを割ってから、Nexusを割るようにします。

 最初のうちは、リコールを全くせず、死ぬまでPushとタワーを殴るようにしていたほうがいいでしょう。普段意識していない人は、Pushが間に合わず他レーンのタワーが次々と割られてしまうかもしれません。慣れてくれば、他レーンのタワーも割られないように、かつできるだけ早くタワーを割るようにすると良いでしょう。

 この練習をすることによって、ミニオンのPush管理能力や、極力タワーを殴ろうとする意識が身につきます。当然、意識していない人に比べると、大きく試合時間が変わってくることでしょう。

 また、タワーを割った、もしくは割られた時の影響の大きさがわかるようになるはずです。序盤勝ったのに後半負けることが多い人は、この練習を重点的にすると良いです。

発展:キルの取り方

 今回はキルの取り方の練習です。
・ハラスのしすぎで相手が帰ってしまい、キルがとれない。
・ハラスをあまりせず、すぐに痺れを切らして決めにいってしまい、火力が足らず負ける。
このような人は多いと思います。

 これらを解決する一人での練習方法は、CustomでBot相手にひたすらKillを取ることです。ただし、一つ制約を付けます。相手に一回でもリコールされたら負けです。

 だいたいBotがリコールするタイミングは、人間も似ています。なので、リコールされない程度にハラスをして、キルを決めれる練習をすることです。前回の記事を利用して、一秒に出せる火力をできるだけ上げる練習も一緒にすると良いでしょう。

 また、この練習をする前に、KR PROのFakerの動画を見ておくと良いです。彼は常に相手が帰らない、かつ自分が殺されないギリギリにHPを調整するのが非常に上手いです。スキルの使い方も言うまでもないですので、一度彼の配信や動画を見てみることをオススメします。

基礎:スキル間の無駄な空白時間を無くす

 低レートでは、コンボ等でのスキル使用と使用の間の空白時間が長いことが多いです。どのChampを使っていても、この空白時間を意識することによって、1秒間に与えられるダメージが、意識していない人に比べてかなり上昇します。

悪い例


良い例


 良い例のように、無駄な空白時間を極力無くすことができれば、倒しきれる範囲が拡大します。更に、通常攻撃をできるだけ入れるようにすることによって、出せる火力も大幅に増加します。

 どのChampでも良いですので、自分が操作しているスキルの使い方に無駄がないか、また、通常攻撃が入れることができるタイミングがあるのではないか、練習してみて下さい。

スキルの避け方:耳で聞く

 相手のスキルを目だけで見て避けようとしてませんか?人間の体の構造的に、目では反応しても遅いです。目だけで反応しようとすると、どうしてもスキルを避けることは不可能な場面が出てきます。

 相手のスキルを耳で聞いて、それから目で見て場所を確認して避けるようにすると、相手のスキルに反応することがとても速くなります。目ばかり使っている人は、耳でしっかり相手のスキルを聞けるようにしましょう。

基礎:minionから受けるダメージを減らす

 前回の記事で、ヒット&アウェイをするようにと言いました。この理由を説明します。

 minion(小さい兵士)は、通常minion同士で殴り合います。近い相手から順に殴るようにできているため、何もしなければ基本は狙われることはありません。ただし、Championが通常攻撃と、通常攻撃が強化されるスキルを敵Championに使うと、優先してChampionを狙うようにターゲットが切り替わります。

 よって、一度通常攻撃をすると、minionから攻撃を受けてしまいます。せっかくChampionを殴っても、ダメージ負けしてしまうのは、これのせいです。よって、必要以上にminionから攻撃を受けないように、一度殴ったら下がるわけです。

 ただし、通常攻撃と関わりのないスキルを敵Championに当てても、minionからターゲットが切り替わることはありません。(Garenで言うとEやRのスキル)なので、通常攻撃をしっかりできるようになれば、minionからダメージを受けずに、積極的に*Harassをすることが可能になります。

 通常攻撃でしっかりHarassができるようになれば、スキルも積極的に使って相手Championを倒してみてください。

*Harassmentの略。和製英語の「ハラス」も同義で、嫌がらせの意。LoLではレーン戦で、敵チャンピオンに牽制をかけること。相手のLHやレーン滞在を阻害する意味で、ハラスは非常に重要である。 wiki引用
プロフィール

Aburis

Author:Aburis
ゲームや人生の攻略、効率、成長方法を求めて日々生きています。最近はRankを休止して、LoLの教育に力を入れています。
NA:Plat5(normalで知り合いとプレイ)
TW:D4(normalでChallenger達とプレイ)
KR:LV30(normalでChallenger達とプレイ)
Twitter:@Aburis_SAW
SkypeID:aburisu 和歌山
教えてほしいという方は、個別で教えます。TwitterにDMまたはSkypeに申請下さい。Skypeを使って(テキストのみの場合あり)教えます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Top (0)
Mid (0)
ADC (0)
リンク
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。