スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗者の戦い方

レーンをプレイしていると、どうしてもプレイスタイルやマッチアップの相性が最悪だったりで、勝てない場合があります。今回はそれを乗り切る方法を紹介します。



・土下座する(Tower hug)
言わずと知れた、負けない戦い方です。ミニオンはタワー下でのみCSを取り、タワー下以外は経験値取得範囲ギリギリに陣取り、ひたすら味方の支援を待つか、TPを使って逆に支援するか、TPを活用して常にレーンに居座るスタイルです。

メリット:相手がハラスしにくくなるため、レーン勝負で死ぬことは滅多になくなる。
JungleがGankを決めやすくなる。

デメリット:ハイレートやアグレッシブな相手ではDiveされてしまうため、Diveで負けると悲惨な量の経験値とGoldの喪失になり、勝ちが絶望的になる。
CS取得量低下。
タワーが常にダメージをもらうため、タワーが割られやすくなる。
味方JungleがGank後にPushしてくれなければ、直後にタワーを折られてしまう。

土下座のプレイスタイルでは、Wardがなければ常にDiveの危険がつきまといます。長時間土下座するつもりなら、例え低レートでも、相手JungleがGankに通る道が見えるように、絶対にWardをおくようにしましょう。


・他レーン加勢(Roam,Gank)
自レーンを諦め、味方と共に協力し、全体を有利に進めるスタイルです。

メリット:成功すればオブジェクトやキルがとれ、確実に味方全体が育つ。
単純に人数で有利がとれる。

デメリット:迅速に行動しても、自レーンのTowerがとられ、対面が確実にFreeなFarmを得てしまう。
オブジェクトがとれなければ、不利が広がる一方になる。

レーンを離れる場合、迷う時間はありません。1秒経つごとに対面が育つので、できるだけ早いGankをしましょう。FlashをGankの初動に使う覚悟でレーンを離れましょう。




私の場合、勝てないChampや、序盤に自分が不利なら、一時的に土下座スタイルをとり、Gankなどでキルが取れればPushして、一度リコールした後、対面に勝てそうならレーン継続、無理ならBotに加勢して即座にDragonかBotやMidのタワーをとり、そのままGroupします。
対面に勝てそうなら、Pushを繰り返すか、キルをとった後にTopのタワーを素早く取り、その後Groupするようにしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Aburis

Author:Aburis
ゲームや人生の攻略、効率、成長方法を求めて日々生きています。最近はRankを休止して、LoLの教育に力を入れています。
NA:Plat5(normalで知り合いとプレイ)
TW:D4(normalでChallenger達とプレイ)
KR:LV30(normalでChallenger達とプレイ)
Twitter:@Aburis_SAW
SkypeID:aburisu 和歌山
教えてほしいという方は、個別で教えます。TwitterにDMまたはSkypeに申請下さい。Skypeを使って(テキストのみの場合あり)教えます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Top (0)
Mid (0)
ADC (0)
リンク
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。