スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何を優先すべきか

Dragon、CS、Baron、Towerがとれるタイミングで、敵Championが近くにいて、どれを優先すればいいかわからずに、迷ってどっちも取り逃がす、もしくは殺されるという時があると思います。
何を優先すべきか、結論から言うと、Championを優先しましょう。

例えば、Dragonをとる時、相手が近くにいれば、DragonよりもChampionを狩れたほうが、後の集団戦にお金と経験値で有利がつくので、Dragonに注視せず相手を見ているほうが良いです。

また、Baronでも、狩ってる最中に相手が殺せる範囲にきたら、即座にBaronを辞めて相手を狩ったほうがStealも無くなりますし、あわよくばAceをとれたらそのままggになります。

状況にもよりますが、基本的にはChampを優先することを念頭に置いてください。大抵の場合、逆転されるのはオブジェクト合戦の失敗です。

オブジェクト合戦は、特にKRやTWPROの動画を見ると勉強になると思います。

集団戦によく負ける方へ

集団戦が終わり、少し離れてふとした瞬間に味方が突っ込んで死んでいる、という事が誰しも経験したことはあると思います。
これを無くすには、自分が味方も含めたChampionの動作を集中して見ておくことで解決します。
そうすることで、味方が死なずに敵を倒すことができるようになったり、集団戦に取り残されて、自分以外全員死ぬということも未然に防げますし、取れるオブジェクトをみすみす逃すことも無くなります。

慣れないうちは、集団戦が終わっても、相手が1人でもいるなら、少なくとも2,3歩で助けられる距離に、5~10秒程度同行するといいでしょう。

また、バックドア行為を辞めて、味方や敵が大きく動いたら自分も寄るようにするといいでしょう。バックドアはして損することはありますが、味方に合わせにいって損することは殆どありません。

人数差が絶対的に有利なゲームなので、積極的に協力しましょう。

プレイの幅を広げよう

一つのlaneしかできない!やりたくない!
という人がいます。一つのlaneに集中するのは、練習では大切ですが、実際のプレイとなると、できるだけ多くのlane、Championを理解し、経験しておくのは非常に重要です。

第一に、LoLというゲームはDraft modeが基本になっています。そこで自分より上位のプレイヤーが、自分のしたいlaneを選ばれてしまった時、そのlane以外をプレイできないと、dodgeするか、負けるしか無くなってしまいます。
Pickの時点で試合に負けるのは、LoLをプレイするにおいて、とてももったいないことです。
もしあなたが全laneをプレイできるようになれば、このような負けは無くなります。更に、円滑なPickが可能になるので、味方や自分も危険なチャットをする回数も減り、負ける回数は格段に減ります。

二つ目に、あらゆるLaneをプレイすることで、他のプレイヤーと差をつける有利な情報を拾えるようになります。

Supportを経験すれば、WardによるMAPコントロール力、Wardの重要さが理解でき、逆にWardが置いてあるだろう箇所を察知して、危険な移動をする回数も減り、Wardを消すことも容易になります。

ADCを経験すれば、通常攻撃の重要さ、CSの精度の大切さがわかり、味方の行動にいち早く合わせる連携力が身につきます。また、スキル回避や危険回避の力も身に付くでしょう。

Topを経験すれば、Towerがあっても恐れずにダイブできるダメージ計算力、対面への勝ち方、特に序盤の勝ち方が理解できるでしょう。また、最近の流行りとして、Teleportを使うべきタイミングも分かるようになります。

Midを経験すれば、Harassの重要性、相手と自分がどれだけのダメージが出せるかの計算力、ミニオンの重要度、Gank,Roamすべきタイミングが理解できるでしょう。

Jungleを経験すれば、MAPの観察力、Gankするべきタイミング、隠れるべきBush、敵が設置したWardの位置、Towerを取れるタイミングが分かるようになるでしょう。

他にも学べるべき点はたくさんありますが、ここで述べるだけでもこんなにあります。
Laneが分からなくても、色々なChampを経験するだけで、実際に対面した時、相手が何をしてくるか分かるようになるだけで、無用な死は無くなります。

是非、色々なLane、Championを経験してみて下さい。それが必ずあなたの成長に繋がります。

有利な状況を認識し、活用できるようになろう。

LoLは面白いゲームで、どのChampionとのマッチアップであっても、必ず有利な瞬間が存在します。
一番分かりやすいのは、相手がリスクを犯してタワーダイブしてきたときです。
よくある動画でも、瀕死の敵相手に数人タワーダイブして、ずっと攻撃を回避され続けたために、タワーを受け続けて一人の敵相手に全員殺されてしまう、といったシーンを見たことがあるとおもいます。
どんな状況でも、巻き返しや、育成加速が可能なタイミングがあります。以下に記しておきます。


・タワーダイブ
・レベル先行
・相手がCS取得に必死で、ハラスをしてもほとんどカウンターを入れてこない。
・ミニオンの数で勝っている
・相手のCannon minionは消え、自分のCannon minionは生きている。
・(序盤)自分はrangeで、相手はmelee
・(LV3~)自分はassassinで、相手はrange
・6になり、ultを決めたり、ultからのコンボで相手より自分のほうが火力が大きい、もしくは出しやすい。
・相手はCarry系の後半型Championであり、自分は序盤に強いChampionである。
・相手のjungleが見えていて(現在地の予測が容易)、自チームのjungleはgankに積極的もしくはPingに反応してくれる。
etc...


例えば私がRiven、相手がWukongだったとします。
序盤はどちらもレーン維持力がかなり低いので、即座に火力が出せてしまうWukongのほうが有利です。
なので、序盤はセーフプレイ気味に相手の出方を見ることしかできません。
ですが、LV6になり、どちらもultを所持していたとしても、RivenのほうがUlt使用時の火力は遥かに上になります。
自分がHP3分の1でも、6になった瞬間か、その後7になるまでには、私はオールインしてWukongを殺しにかかるでしょう。そして大抵はkillが取れます。

現実に試合した時に、jungleの介入もあって、私は6になるまでに2killをWukongに渡してしまいました。
相手はLV8になっていますが、自分が6になった瞬間にオールインし、相手はサモナースペルもultも所持していましたが、コンボを決めて見事殺すことに成功しました。相手はLVが高いので死に戻ってくるまで時間があり、その間にTowerを破壊。
そこからはとんとん拍子で相手を殺し、Towerを取り、最終的には相手が3人いても、全員倒してInhibtorまで一人で取得できました。

このように、例え負けていても、自分が持つアドバンテージを最大限認識、活用することができれば、逆転も可能になります。
自分の使っているChampionが相手に対して有利な瞬間はどこなのか?何なのか?
それを常に考えてプレイするようにしてみてください。きっと前より積極的にキルがとれるようになるはずです。

LoLの基礎:チュートリアルから基礎知識

参考になるwikiページがあるので紹介しておきます。
Taric先生の初心者講座
wikiはこのページをもっとわかりやすい位置においておくべきではなかろうか・・・
知ってる人も知らない人も、基礎知識の見直しとして読んでみてください。
プロフィール

Aburis

Author:Aburis
ゲームや人生の攻略、効率、成長方法を求めて日々生きています。最近はRankを休止して、LoLの教育に力を入れています。
NA:Plat5(normalで知り合いとプレイ)
TW:D4(normalでChallenger達とプレイ)
KR:LV30(normalでChallenger達とプレイ)
Twitter:@Aburis_SAW
SkypeID:aburisu 和歌山
教えてほしいという方は、個別で教えます。TwitterにDMまたはSkypeに申請下さい。Skypeを使って(テキストのみの場合あり)教えます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Top (0)
Mid (0)
ADC (0)
リンク
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。